妊婦

不妊治療にとりかかるまでの検査

眠る赤ちゃん

不妊治療にはタイミング療法や人工受精、体外受精があります。どの治療方法から始めるかを決める為にまず様々な検査を受けなければなりません。病院にいけばすぐに治療にとりかかれるという事ではないのです。検査を受け、結果がでるまで数ヶ月はみていた方が良いでしょう。
検査としては、女性は血液検査や子宮の検査があります。血液検査は通常時と生理期間中の2度行います。子宮の検査としては、子宮年齢や排卵の有無等の検査となります。この子宮年齢は今後の治療方針を決める上で非常に重要なのです。何故ならば、良く年齢が高くなればなる程妊娠率は低下すると言われますがこれはほぼ女性の年齢の事なのです。
正確には年齢というより子宮年齢なのです。男性は年齢が上がっても特に問題はないそうです。そして、男性も検査が勿論あります。血液検査と精液検査です。精液検査は、病院の設備を利用して採取もできますし自宅で採取した物を病院に持っていく事も可能です。持ち運びには温度や時間等の注意事項がありますのできっちりと守る事が大切です。この精液検査では精子の運動能力や受精できる能力のある精子の数などがわかります。
これらの様々な検査を終了してから治療方針決定という流れとなります。

Topics

Update Posts

Topics

TOP