妊婦

男性側に原因がある可能性ある場合の不妊治療

赤ちゃん

晩婚化が進み、出産率が大幅に低下している昨今、不妊治療のための助成金制度なども各都道府県により様々な見直しがされているこの頃です。不妊に悩む女性にとっては心強い制度でしょう。
ところで、不妊の原因についてあなたは考えたことがありますか。妊娠は一人ではできないものです。相手となる夫、又は恋人の存在があって初めて成立つものです。あなた自身が健康体で、妊娠できる体であっても相手の精子の異常がある場合は、妊娠にいたらない場合もあるでしょう。パートナーの協力が得られるようであれば、近くの泌尿器科にいって精子を調べてもらう事もできます。なにも婦人科に連れ出して、男性に恥ずかしい思いをしてもらう事はないのです。
泌尿器科と一口に言いますが、もちろん精子の検査をしてくれる機関であるかどうかは病院によりまちまちです。予めホームページなどで調べておきましょう。
パートナーに協力を求める場合のお願いの仕方としても、一緒に婦人科にいって検査をうけてとはなかなか頼みづらいものです。泌尿器科でも簡単に調べられるので試しに行ってみてはなどとさりげなく持ちかけてみるのも男性のプライドを貶めないお願いの仕方として有効だと思います。
ちなみに悪い結果が出たとしても全くの無精子という場合はかなり稀でしょう。子宮外妊娠と同じように、比較的元気な精子を医師が取り出して受精、めでたく「妊娠」する可能性もあるのです。

Topics

Update Posts

Topics

TOP